HOME | BIOGRAPHY

ChoroClub PROFILE

笹子重治(アコースティック・ギター)秋岡欧(バンドリン)沢田穣治(コントラバス)の3人によって89年に結成された弦楽ユニット。
 
ブラジルの伝統 的な都市型インストゥルメンタル・ミュージック「ショーロ」にインスパイアされながらも、全く独自のサウンドを創造する。
90年にファンハウスレコードと契約、94年までに5枚のCDをレコーディングしたのを皮切りに、現在までにソニーレコード、キングレコード、オーマガトキ、ビクターなどから、計22枚のCDを発表している。
その活動のフィールドは、通常のコンサートホールやライブハウスだけでなく、美術館やギャラリー、神社仏閣、ジャズフェス、ストリートに至るまで幅広い。
 
DJを加えてのクラブ・イベントをこなすこともある。
海外でも、92年リオデジャネイロのイパネマ海岸で3000人を超える観衆を集めたコンサートを行った他、95年には国際交流基金の主催事業として中 南米6ヶ国をツアー、01年3月にはブラジル北東部のフォルタレーザでもコンサートを行った。また03年8月には、サンパウロにて平良とみさんとの共演による「劇場版ニライカナイ」を上演。
 
レコーディング、コンサートを通じての新旧アーティストとの共演歴も豊富である。音を交わした主なアーティストは以下のとおり。
 
ジョイス(Joyce)、城戸夕果、EPO(エポ)、アン・サリー(Ann Sally)、畠山美由紀、Yae(ヤエ)、吉田慶子、toyono、本谷美加子(オカリナ)、平良とみ、古謝美佐子、大島保克、桑山哲也、溝口肇、大貫妙子、南佳孝、松田美緒、ギリェルミ・ヂ・ブリート(Guilherme de Brito)、イタマラ・コーラックス(Ithamara Koorax)、ジャキス・モレレンバウム(Jaques Morelenbaum)、マルコス・スザーノ(Marcos Suzano)、アート・リンゼイ(Art Lindsay)、シバ(Shiba、メストリアンブロージオ)、カルロス・マルタ(Carlos Malta)、ジョゼ・ピニェイロ(Jose Pinheiro)、知久寿焼(たま)、内海イズル、山本精一、岡部洋一、渡辺亮、ヴィヴィ(vievie)、柏木広樹、アンディ・ベバン(Andy Bevan)等。
 
また02年にはに木村拓哉主演の年末スペシャルドラマ「忠臣蔵1/47」の音楽制作を、03年には山田太一ドラマの挿入歌を、04年1月には、日本テ レビの連続ドラマ「彼女が死んじゃった」の音楽を担当。05年10月からは、テレビ東京系列のアニメ「ARIA」の音楽を3シリーズ連続で担当。(いずれも、サントラも発売。)その他NHKの大河ドラマのエンディングテーマ、バラエティー番組や情報番組等の音楽の担当する等、テレビを舞台とした音楽制作は活動の柱のひと つとなっている。
 
その他ラジオでは、J-WAVEの人気番組「サウヂ・サウダージ」のテーマを長く担当。また、03年には、映画「油断大敵」(主演:役所広司、柄本明) の音楽を担当した。
 
2009年に結成20年を記念して制作された9枚目のオリジナル・アルバム『トリロジア』を発表、同年めぐろパーシモン・ホールで単独公演を行う。
 
2011年7月には作曲家、武満徹のポピュラー・ソングをとりあげた『武満徹ソングブック』を発表する。

 

秋岡 欧

Oh Akioka

バンドリン
バンドリン(ブラジリアン・マンドリン)、ギター、カヴァキーニョ(小型4弦ギター)、ヴィオラ・カイピーラ(10 弦ギター)など、ブラジル系弦楽器を中心としたマルチプレイヤー&コンポーザー。
10代の頃から様々なスタイルの音楽に親しむが、大学在学中にブラジルに留学。その頃より本格的にショーロをはじめとするブラジル音楽にも取り組む。ショーロ・クラブでの演奏、作・編曲、プロデュース活動の傍ら、故ギリェルミ・ヂ・ブリート、ミウーシャ、マウリシオ・カヒーリョ、ゼリア・ドゥンカンといった個性派ブラジル人ミュージシャンはもとより、国内外の多様なアーティストとも共演し、2000年には笹子重治とのデュオ・ユニットによるオールブラジルプログラム作品「DUO」(オーマガトキ)をリリース。その他の主なレコーディング参加作品も中国映画「青い凧」(93年東京 国際映画祭グランプリ作品)、相米慎二監督遺作「風花」等のサウンド・トラックからロック、ポップス、コンテンポラリー、ワールド・ミュージックにいたるまで、ジャンルの壁を越えて多岐にわたる。
 

笹子重治

Shigeharu Sasago

アコースティック・ギター
ギタリスト。作編曲、プロデュースも手がける。
ブラジリアン・スタイルのギタリストとして、パウリーニョ・ダ・ヴィオーラやナラ・レオン等多くの来日ブラジル人アーティストとセッションを重ねた後、86~87年にかけてブラジルで活動。帰国後ショーロクラブを結成。更に2005年には、新たにユニット「コーコーヤ」を結成。08年にアルバムデビューを果たした。
また、同じく90年以降、EPO、比屋定篤子、鈴木亜紀、古謝美佐子、Yae、NUU、畠山美由紀、Ann Sally、大島保克、桑江知子、chie、松田美緒、照屋実穂、amin、手嶌葵、吉田慶子等の歌手や、城戸夕果(fl)、熊本尚美(fl)、かとうかなこ(ボタン式アコーディオン)小松亮太(バンドネオン)等のインスト奏者との、プロデュースやサポートを中心としたコラボレーションを展開。特に、ギター一本によるそれらアーティストとのデュオによるパフォーマンスには、定評がある。
その他CDプロデュース、レコーディング、アレンジ等多方面で活躍する他、作曲の分野でも、ショーロ・クラブやコーコーヤの楽曲のみならず、ブラジルの国民的作詞家パウロ・セザル・ピニェイロ、ルーツサンバの長老、故ギリェルミ・ジ・ブリートとの共作を始めとして、アーティストとの共作多数。
 
 

沢田穣治

Jyoji Sawada

コントラバス
作・編曲家、プロデューサー、ベーシストとして活躍。
ショーロ・クラブでの活動と並行して、映画音楽・沖縄島唄・現代音楽・音響系作品の制作や、J-POPアーティストのプロデュースおよび作・編曲など、多岐にわたる音楽制作に携わっている。
海外のアーティストとの活動も多く、サイモン・フィッシャー・ターナー、ノエル・アクショテ、アート・リンゼイ他、錚々たる音楽家との共演を果たしている。
最新の演奏活動としては自身の室内楽アンサンブルユニット「架空線上の音楽(Baseof Fiction)」の活動再開、有末剛氏(緊縛師)とのコラボユニット「東京緊縛オーケストラ」の活動や高木正勝さん(映像作家、音楽家)のツアーなどに参加。作曲家としては横浜市文化振興財団作曲家シリーズで 選出されたほか、2004年にはクラシック専門レーベル、 フォンテックから室内楽作品集『silent movie』もリリース。
2009年6月27日公開の20世紀FOX配給作品 「群青~愛が沈んだ海の色~」(中川陽介監督)の音楽監督も務める。 ベクトルの振り幅最大に、ジャンルやカテゴリーに囚われず、 沢田自らが五感で感じる演奏及び作曲に日々没頭中。